妊娠期にぜひ取りたい葉酸。妊娠前からの摂取がおすすめ

妊婦さんが積極的に摂取するサプリとして定着してきた葉酸。葉酸には細胞の生産を活発にし、赤ちゃんの身体を作る手助けをしてくれます。
女性が自分の妊娠に気付くのは、早くても最終月経から約一か月後。月経のサイクルが正確であれば、次の月経が予定通りに来ないという頃から妊娠を疑い、更に一週間ほどして確定する場合が多いのですが、サイクルがまちまちだったり前回の月経の日付を忘れてしまっていたりするともっと気付くのが遅れてしまいます。
赤ちゃんの身体は、受精卵となったその瞬間から活発に細胞分裂を始め、生理予定日の頃には子宮へ着床し、成長の準備を整えています。お母さんが妊娠に気付く前から、どんどん成長を始めているのです。生理予定日から妊娠2ヶ月目に入ります。そして3ヶ月目に入る頃には心臓の動きが確認され、「胎児」と呼ばれるようになります。つまりもう赤ちゃんの身体のおおよその枠組みが出来ているのです。
ですから妊娠を望んでいる女性の場合、妊娠を確認してから葉酸を飲むのでは無く、いつでも赤ちゃんが育ち始めてもいいように、妊娠前から葉酸を積極的に摂っておく方が、妊娠に気付かない程の初期の段階から、赤ちゃんが身体を作る手助けが出来るのです。この時期は身体の基礎を作る大切な時期ですから、葉酸の細胞を活発にする力によって、様々な障害のリスクを軽減する事が期待できるのです。
妊娠前に葉酸を摂っていたカップルと摂っていないカップルでは、摂っていたカップルの方が妊娠率が高い事が分かっています。これは、葉酸の働きにより、活発になったカップルの生殖細胞が、妊娠しやすい状態へと導いたのではないかと言われています。
葉酸はその名のとおり緑黄色野菜に多く含まれますが、加熱に弱いため普段の食事では不足しがちになってしまいますから、サプリでの方が確実に摂取できます。葉酸は取り過ぎによる弊害はありません。多く摂りすぎても尿と一緒に排出されるので、全く問題はありません。妊娠を望むカップルは、将来の我が子の為にもぜひ、妊娠前から葉酸サプリを摂取する事をお勧めします。